もっとブログを書こう!by僕

クロス職人の坂口です。(*^-^*)

久しぶりに日曜日にお休みをいただき、今日から1週間、日常がはじまります。

先日、お世話になっている塗装屋さんから現場の調査をご依頼いただき行って参りました。

その塗装屋さんのお兄さんの御自宅の6帖一間の天井壁のクロスの張り替えでした。

場所は和歌山市木広町。

うちのお店の近所ですね。

現地調査に伺った際、クロスエスの事を知ってくれていました。

そのお客様はクロスエスのWEBサイトを構築してくれたAster Work さんに

経営している施設のホームページの作成を依頼し、

クロスエスのホームページを見本に掲げて打ち合わせ等を行ってくださっていたそうです。嬉しいですね。(^^♪

お会いした時は、「クロスエスさんじゃないですかー!いつもブログ拝見してます」声をかけてくださいました。(^^♪

 

実際、このホームページをリリースした当初は、とにかくブログを書きまくりました。

それがクロスエスがお客様から直接の依頼を頂く為の一番の近道だとコンサルの中畑氏に教えていただいたからです。

ほぼ毎日更新、600文字以上のブログを書き続けました。

そのブログの内容で、全国規模の大きな会社からブログの削除依頼が来ることもありましたが。(笑)

 

最近は色々な意味で攻めの姿勢が失われているような気がします。ブログをもっと書こう!

ブログを書くと自分の想いや気持ちが整理出来てすっきりするんです。

守りに入ると仕事が全然面白くありません!

攻める、攻める、攻める。これを意識してやっていきます。

玄関ドアのダイノックシートはリスクが高い?

クロス職人の坂口です。

また、ブログ更新が滞っておりました。(;´∀`)

去年はほぼ一年間ほぼ毎日ブログを書いていたので、今から思うとどうやって書いてたのかがわかりません。(笑)

最近はお客様からのお問合せや、お見積りのご依頼も沢山いただき本当にありがたい限りです。(^^♪

 

先日、現場でダイノックシートを施工しました。

僕は基本的にはクロス(壁紙)の職人さんなのですが、ダイノックシートも貼ります。


ダイノックシートは高級品!1mあたり6,000円くらいです!


ダイノックシートはシールみたいな壁紙です。古くなった家具やなどの表面にはって、新品みたいに蘇らせることができるんです。

しかしネックはその金額。中級ランクの120㎝幅で1mあたり6000円くらいする高級装飾シートです。

屋内のドアは高さ1.8m上あるので、それに貼ろうと思ったら両面で約4m必要。

¥24,000の材料費がかかる計算です。

施工する側も高級な材料を扱うので、失敗は許されないプレッシャーがかかります。

しかもクロスのように、何回も張り直しがきくものでもないので大変な部分です。

 

先日、和歌山市内のBARの棚にダイノックシートを施工しました。

真っ黒の棚が見違えるほど綺麗な大理石風に!


玄関ドアのダイノック貼りは保障がない!


ダイノックシートは住宅の玄関のドアなんかにも使用されます。

玄関扉用のダイノックシートも販売されています。1m×1mで¥10,000以上する高級品です。

屋内用のダイノックよりも紫外線や熱に強い素材を使用しています。

 

しかし本職の職人さんが口をそろえていう事は、「玄関ドアのダイノックは基本おすすめしない」ということです。

これはなぜか?「外気に触れる部分は品質が安定しない」という事からです。

夏は僕達の幼少期から比べると格段に暑くなりました。

気温による伸び縮みがおこる塩ビ製のダイノックシートは浮きやシワの不具合が出やすいのです。

3Mなどの大手メーカーは耐年数5年を表記していますが、製品保証はありません。

よって施工する私達も不具合による保証が出来ないのが現実問題としてあります。

施工費は高額、保証もないとなるとなかなか工事に踏み切れないお客様もいます。

僕もお客様の立場ならかなり悩むと思います。難しい問題です。(;´∀`)

デザインを一新できるのがダイノックシートの魅力ではあるんですけどね。

 

壁紙張替専門店クロスエスは、ダイノックシートの施工も承ります。

お見積り調査のご依頼お待ちいたしております。(^^♪

タイルの上にクロス?貼れるわけないじゃん!実は貼れるんです!

クロス職人の坂口です。(*^-^*)

先日、来店くださったお客様からトイレのクロス施工のご依頼がありました。

場所は和歌山市神前。

腰壁にタイルが張られています。

最初ご相談くださった際は、出来るだけ予算を抑えて、タイルの上にシールみたいなものを張ってほしいといわれましたが、腰壁に貼れるダイノックシートなどはそもそも材料だけで高額です。そこで提案させていただいたのが「タイルの上にクロス!」の選択肢でした。(*^-^*)

一般のリフォーム屋さんではタイルの上になんかクロスは張れません!と99%いわれます。

その1%を可能にしてしまうのがクロスエスの強み!です。

今回はタイルの上に「ハイタックエコ」を使用します。

群馬県のウォールボンド工業が製造している超強力プライマーです。

 

タイルの上はツルっとしていてパテがのらないので、パテにより下地を平滑にすることは出来ません。

お客様にはタイルの型がクロスの表面に浮き出てくるのを了承いただいた上での施工です。

ハイタックエコを原液で塗布。地道に刷毛でたっぷりと塗るのが肝心!端もきっちり塗ってください。

 

最初は白いですが、乾くと透明になり表面がねちゃねちゃします。

物凄くねちゃつくので壁紙の糊との接着が期待できますね。

水で薄めるシーラーだと水分が多いのでタイルの上にはのりません。

必ずプライマーで行きます。

貼る壁紙はタイル下地からの通気性は期待できないので。壁紙の表面から通気性が期待できる壁紙にしましょう。

量産型のクロスはすべて表面からの通気性があります。

通気性が無いのは、「汚れ防止加工」が施されたクロスや、「表面強化、スーパー耐久性」などのクロスです。

ここは気をつけてください。

 

施工後の写真を観てみると、浮き出たタイルの形がなんともいい感じの柄になって最高!

これひょっとして、カラークロスとかはってもタイル柄になってめちゃいい感じじゃね!?と思いました。

また一つお客様への提案が増えました!(^^♪

今回の工事は弊社在庫品による施工でクロスと床工事で予算も40,000円で収まりました。

8時半から16時半に完了!

この度はご依頼誠にありがとうございました。

おのみなとこども食堂にいってきました。

クロス職人の坂口です。(*^-^*)

4月1日から、クロスエスの新しい取り組みとしておこなっている

「内装材の廃材達」を一般のお客様に500円で販売するサービス。

クッションフロアやタイルカーペット、長尺シートにフロアタイル。

沢山の方々に購入いただき感謝です。

クロスエスはこの売上金(消費税を引いた金額)を毎月おのみなとこども食堂さんに寄付する事に決めています。

 

先日、妻と二人で4月の売上金をもって、おのみなとこども食堂さんにいってきました。

こども食堂わかやまの理事長もつとめていらっしゃる、岡 定紀さんにおのみなとこども食堂をはじめたきっかけや運営状況などの説明をきかせていただきました。ネット社会でご近所さんとの交流や助け合いがうしなわれつつあるこの時代に、子供と大人が関わることのできる一つのコミュニケーションの場でもあり、緊急時にもみんなが集まれる場所としても解放してくださっているそうです。

4月の売上金は17,000円、それに消費税を引いた金額15,300円を寄付しました。このお金でお米を購入されるそうです。

 

僕らが行っている廃材のワンコイン提供サービスは、すごく意味のあるものだと感じています。

この取り組みは僕が発案したわけではなく、クロスエス店舗スタッフのこうちゃんと僕の妻が提案してくれました。

再利用できる内装材を販売するならなら、ワンコインといわず、適正な価格でお金に変えて自社の売り上げにすることもできるのですが、

内装材を多くのお客様に手に取って喜んでいただきたいのと、この活動を通してクロスエスを知ってもらえるきっかけになればと考えています。

 

現場で発生した再利用できる内装材を格安で提供し、お部屋のインテリアとして使用していただく。

産業廃棄物処分のコストを抑え、処分に困っていた業者側にもメリットがある。

そしてこの売り上げはこども食堂のお米に、そして子供たちの笑顔に変わる。

 

昔からの付き合いの内装業者さんもこの取り組みに賛同下さり、「ぜひ内装材の提供に協力したい」と声をあげていただいています。

こうやって支援の輪が広がっていけば嬉しいです。

 

 

クロスエスは和歌山県和歌山市新通にある壁紙張り替え専門店です。

お客様からのお問合せ、調査のご依頼お待ちいたしております。

クロスエスに新人君が入ってきてくれました。

クロス職人の坂口です。(*^-^*)

めっきり暖かくなりましたね、と同時に毎年この時期に感じるのが、またあの地獄の灼熱の夏がやってくるという恐怖。(笑)

4月に入ってからもありがたいことにお仕事の依頼をたくさんいただき、クロスエスチームメンバーで現場をしっかり回しています。

 

そして!

この4月1日からクロスエスに新しい仲間が加わりました。

16歳の半年クロスの経験がある男子です。(*^-^*)

16歳・・・・僕が今、44歳なので約3分の1。あああ、( ゚Д゚)なにがなんだかもうよくわかりません。

半月、僕が親方として一緒に現場を回りました。

彼は性格はおとなしいですが、礼儀礼節をわきまえているのでどんな現場でも連れていける、将来有望な子です。

クロスエスのメンバーの森本君と岩山君も現場が一緒になるときは、彼に仕事の進め方などを積極的に教えてくれています。

特に森本君は教えるのが上手ですね。自分も見習わなければいけない部分です。(*^-^*)

 

自分も含め、親方と子方の関係は将来的に疎遠になってしてしまうことが多いです。

僕自身も親方とは連絡を現在取っていない状態です。

先日、クロスエススタッフのこうちゃんともそのことについて話をしました。

彼はスタッフ目線で的確なアドバイスをくれます。気づきや学びがたくさんあります。

出来るだけスタッフや職人さんとはいい関係を築いていきたい。そういう中で、スタッフの気持ちをしっかりくみ取り、

報酬の面を含め、やりがいのある職場でないとついてきてはくれない。今まさにそう感じています。

親方として、経営者として、プレッシャーに押しつぶされそうになる時はあります。

でも、悩んで考えている自分を経て、新たな道が見えてくるんだと思います。今までもそうだったように。

今日も1日がんばろ!

 

クロスエスは和歌山県和歌山市新通にお店を構える壁紙張り替え専門店です。

お見積りは無料です。皆様の現地調査依頼、おまちいたしております。

新年度がスタートしました。

クロス職人の坂口です。(*^-^*)

2024年新年度が始まりましたね。

壁紙張り替え専門店クロスエスは今日も元気に営業中です!

 

先日は家族で山中渓に桜を見にいってきました。

天候にも恵まれ、気持ちいい気候。

息子はとにかく電車が大好きで、電車にのってお出かけするのが休日の恒例となっています。(*^-^*)

もちろん今回のお花見も電車、和歌山駅から紀州路快速を利用して「山中渓駅」で下車。

線路沿いには、満開の桜。最高の景色でした!

山中渓にはあまりランチできるお店が少なく、タマゴかけご飯専門店があるのですが、そこがもうどえらい人で・・・。

1時間半ほど待ち時間がありましたが、その時間を利用して、お花見タイム!

 

桜って本当癒されますよね。

店員さんもこんなに大勢のお客様が来店くださるのは過去に例がないとおっしゃっていました。でも滅茶苦茶美味しかった。

お店の名前はたまご屋tamaco。もし良かった行ってみてください。

タマゴ好きの妻はとっても喜んでいました。息子もふわふわのタマゴサンドをおいしそうに食べていました!

楽しい休日でした。(*^-^*)

 

 

さて話は変わって先日、和歌山県岩出市のお客様のもとで壁紙張替工事が完了いたしました。

極薄ペラペラの壁紙を張って綺麗に仕上がりました。その際の施工実績が更新されていますので是非ご覧ください。

和歌山県岩出市S様邸 →施工実績

お客様も滅茶苦茶感動してくれて、壁紙張り替え専門店のクロスエスさんに依頼して本当に良かった思っています。

と嬉しいお言葉を頂きました。(*^-^*)

4月も工事の予定がざっくりとですが埋まりつつあります。

ご依頼ご相談いただけるお客様に感謝して、本日の業務も頑張りたいと思います。

皆さんご安全に!

和歌山県和歌山市吉田でフォトスタジオのクロス工事

クロス職人の坂口です。(#^.^#)

先日インターネットからご依頼いただいたお客様の現場を納めてきました。

そのお客様は和歌山で工務店を営まれている方です。

こうやってホームページをみて問い合わせ頂けるのは本当にありがたい限りですね。(*^-^*)

今回はもともと美容室だった店舗をウェディング用のフォトスタジオに改装、

現場は和歌山市吉田の家具屋さん「赤や」が入っているマンションの3階です。

お客様と直接やり取りし、材料選びからプラン提案までをさせていただきました。

壁紙の全面張替と、床のフロアタイル全面張替、

白を基調にしたシンプルな壁紙がほとんどでしたが、2面のみアクセントクロスを施しました。

フロアタイルは床の職人さんに忙しい中きてもらいました。3月はとにかく内装仕上げ業者はみんな忙しいんです。

仲間の職人さんに大抵応援の要請をしても、来てもらえないことが多いです。(;´∀`)

そんな中、夜の遅くまで作業してくれた床の職人さんには感謝しかありません。

しかし最後の最後まさかの床材の発注ミスでフロアタイルの材料が足りない・・・・。

急いで発注して、残りを自分で張りました。

現場がおわってホッ一息。

現場が重なって重なって、3月はやっぱり大変な1か月でした。

来月からは新年度。また新たな気持ちで業務に取り組んでいきます!!

先日UPしたYouTubeの動画が好調です。

今年はYouTubeを頑張るという目標を掲げてやっているのでこの結果は非常に嬉しいです!

全国の皆様にクロスエスを認知していただけるよう頑張っていきます。

 

クロスエスは和歌山県和歌山市新通に店舗がある壁紙張替張り替え専門店です。

お客様からのお問合せ、ご相談お待ちいたしております。

壁紙張替で使用するジョイントコークとは何ぞや!?AとMの違いも解説。 

クロス職人の坂口です。

皆さんコーキングっていう言葉聞いたことありますか?

キッチンやお風呂などに使うコーキングもあれば外壁の継目に使うコーキング。色々種類がありますよね?

 

僕達が壁紙張替工事で使用するコーキングは「ジョイントコーク」と呼ばれるものです。

ヤヨイ化学工業さんが販売している商品になります。

他メーカーさんも類似品はありますがシェアを9割をヤヨイさんのジョイントコークが占めているといってもいいでしょう。

コーキングは、壁紙の端部に綺麗に流し込むことで、壁紙をより美しく仕上げるものです。

そして接着剤も役割も果たし、壁紙の端部からの剥がれを防止してくれます。

まさに1石2丁。壁紙施工の必需品ですね。

先日、クロスエス公式YouTubeのチャンネルにて「ジョイントコーク徹底解説」の動画をUPしていますので是非ご覧ください。

動画のリンクはこちらになります。

 

さてこのジョイントコーク大きく分けて2つ「ジョイントコークA」と「ジョイントコークM」があります。

 

ジョイントコークAは艶があり、多少べとつきがある。

カラーバリエーションが豊富です。(全40色)

 

ジョイントコークMはツヤがなく、べとつきが無くさらっとしている。

カラーバリエーションが少なかった(6色)が現在は(20色)

 

現在流行している、マットな質感のホテルライクな壁紙にはツヤなしを使用する方が壁紙にジョイントコークMはしっかり馴染んでくれると思います。

 

実はジョイントコークMが発売されたのは最近なんです(5年前くらい?)

メーカー(ヤヨイ化学)がいきなり「外コークはジョイントコークMが最適」で「内コークをジョイントコークAが最適」

と謡い出したのにはちょっとびっくりしました。そんな概念僕達プロにはどこにもない。

 

昔からコーキングといえば、「ジョイントコークA」

今現在も基本的にジョイントコークAを使用しています。

ジョイントコークMは、ジョイントコークAに比べて弾性がなく虫食いになったり、切れやすいです。

新築住宅をすべてジョイントコークMで回った際、1年後の点検の際、かなりの箇所が虫食い状態になっていました。

建物に問題があったのかもしれませんがあまりの数の多さにジョイントコークMは使用するのをやめた方がいいという結論に至りました。

中古物件などは建物の動きが少ないので、ジョイントコークM使用しても問題ないと思います。

ジョイントコークMはべとつきが少ないのが最大のメリット。巾木の上などのホコリが溜まりやすい箇所に使用するのには最適です!

 

クロスエスは和歌山県和歌山市にお店を構える壁紙張り替え専門店です。

お客様からのお問合せ、ご相談お待ちいたしております。

妻の誕生日でした。

クロス職人の坂口です。(#^.^#)

 

3月13日は妻の誕生日でした。おめでとう。

クロスエスの経理担当の妻、そして家事に4歳の息子の育児に毎日大忙しの妻。

仕事ばかりの僕は彼女に負担ばかりかけています。いつも支えてくれてありがとう。

そんな感謝の気持ちを込めて、久しぶりに妻と誕生日ランチに行ってきました。

和歌山ビッグ愛にあるフレンチ「オテルドヨシノ」

 

ここに来るのはまだ息子が生まれていない頃、5年ぶりの来店でした。

本当に美味しかった~。和歌山ではフレンチといえばここ!食べ終わってすぐにまた来たい!と思えるお店です。

 

妻の誕生日には毎年、花を送っています。息子が妻に渡すかわいい花束も。

今回は和歌山城近くにある花屋さん、「blue moon」さんにお花を作ってもらいました。(*^-^*)

家に飾る花もいつもここで購入しています。とにかく花が好きな妻。妻の影響で僕も家に花を飾るのが好きになりました。

誕生日cakeは、園部にあるリュクレシオンさんのバスクチーズ。少しサイズが小さかったかな。(;´∀`)

でも美味しかった。

妻とは仕事のことで意見が食い違ったり、子供の事で言い合いになったりしますが、本音で話の出来る大切なパートナーです。

これからもよろしくお願いします。

 

クロスエスの公式YouTubeチャンネル、登録者さんが500人を超えました。

めちゃくちゃ嬉しい。今年の目標は1万人ですが、

先ずは1000人!を目標に!WEB担当のこうちゃんと一緒にコツコツやっていきます。

これからも皆様に有益な動画を上げていけるようにします。

 

明日は、和歌山市園部と大阪府岸和田市で現地調査です。その後現場に戻って作業!

3月は大忙しですが頑張ります!

 

クロスエスは和歌山市新通にあります壁紙張り替え専門店です。

壁紙の事なら何でもご相談ください。

2024年3月9日 大阪府阪南市箱作で古民家のクロスCF工事

2024年3月9日

大阪府阪南市箱作で古民家のクロスCF工事完了いたしました。

今回は、知り合いの塗装屋さんからのお仕事のご依頼を頂きました。

施工箇所は、ダイニングキッチンの天井壁の壁紙張替、洋室2間トイレ小上がりのCF、その他抑え金物工事です。

 

まず壁紙張替工事ですが、かなり下地の劣化がみられました。

とにかく剥がしにくい。

ゴミも乾燥でクロスの表面が劣化しカチカチです。

通常は壁紙の剥がした裏紙が均一に残るのですが、

特に冬場の乾燥した状態の古い下地は表面の石膏ボードの紙まですべて剥がれてしまいます。

おそらくですが30年以上壁紙の張り替えをしてなかったと推測できます。

壁紙は張ってから時間が経過すればするほど剥がしにくくなります。

これは壁紙の糊の成分が表面に貫通して硬化しひび割れを起こすからです。

使用する糊によってその劣化具合は変わりますが、この頃の壁紙糊は品質もそこまでよくないので仕方ないですね。

この場合は不安定な糊の吸収を均一にするためシーラーで調整してあげます。

使用シーラーはニットーパワーシーラーです。

シーラーで下地を固めてやると、パテ下地処理がやりやすくなります。

そしてクロスの接着も安定するのでシーラー処理はとても大切ですね。

今回は下地の凹凸が出にくいクロス。サンゲツSP9719を施工いたしました。

クロス屋さんの業界では有名な品番ですね。

困ったときの「9719」仕上がり抜群19クオリティ。

少し柄は昔風のクロスですが、綺麗に仕上がるという観点でいうと最強のクロスだと思います。

 

クッションフロアはシンコールのポンリュウムE25031を施工。

クッションフロアの中では一番シワになりにくいのがポンリュウムです。

DIYでクッションフロアを張るなら100%シンコーのCFがおすすめです。

サンゲツのクッションフロアは逆に滅茶苦茶シワになります。(;´∀`)超絶お勧めしません。

 

トイレのCFもこんな感じでお洒落に仕上がりました。画質が粗くてすいません。(;´∀`)

トイレは在庫で余っていたCFを使用。かわいい柄のポップな床になりました。(*^-^*)

 

この小上がりも在庫のCFで施工しました。

工事期間は3日間、空き家の工事という事で時間を気にせず集中して作業させていただきました。

この度はご依頼ありがとうございました。

 

壁紙の継ぎ目を補修したい方!必見!ぺネットは優秀!

クロス職人の坂口です( ^ω^ )

先日アップしたYouTube動画が好調なのでルンルンです。

今回は壁紙の継ぎ目の補修のお話を動画内でお話しています。

もしよかったら見て観てください。動画はこちら

 

経年で壁紙の継ぎ目が目立ってきた、剥がれてきた。

そんなお悩みを抱えているお客様は多いと思います。

この動画を見ればすべてが解決するはず!

今回は用途別に紹介しています。

 

①壁紙の剥がれには壁紙用強力接着剤メジピタ

これはプロでも多様する最強の接着材です。

カールして固くなった継ぎ目の浮きをしっかりとめてくれます。

 

②壁紙の隙間にはペネット

今回の動画の主役です。

壁紙の継ぎ目が目立ってきた際にペネットをに塗り塗りしてあげるとあら不思議!?全然わからなくなる。そしてベトつきもなく埃も付着しないのでとても綺麗な状態が続く。

 

最近、ショート動画をみていて思うのは、自分の家を自力でなんとかしてみようとチャレンジされるDIYヤーが非常に増えたなという印象です。

そして壁紙の補修も動画をみながら自分でやってみる人もたくさんいらっしゃるんでしょうね。そこを助けてあげられる有益な動画を今後も上げて行けたらと思います。

 

その方達の動画をみてみると、プロ顔負けの仕上がりの方や、豊富な知識の方もいらっしゃいます。そして何よりみんな楽しそう。

僕も楽しいことしたいよ!

仕事をさせていただくのは大変ありがたいことですが、毎年繁忙期にキャンプ計画を立てていたので・・・

今年は無理かな^^;

 

クロスエスは和歌山市新通にお店を構える壁紙張り替え専門店です。

お客様からのお問合せ、お見積り調査のご依頼お待ちいたしております。

 

YouTubeチャンネルのショート動画で新しい試みを・・・

クロス職人の坂口です。(#^.^#)

現在、和歌山県和歌山市粟と和歌山県和歌山市関戸、和歌山県伊都郡かつらぎ町笠田の現場を掛け持ちしています。

どれも在宅の工事ではないので、自分の段取りで動いて現場をあちこち回って作業しています。

 

3月は繁忙期。

内装業者さんも職人探しに躍起になっており、普段あまりお声のかからないところからも、結構頻繁に電話がかかってきます。

できるだけ期待に応えたいんですが、体は一つ。

よって忙しい時だけ連絡をくださる業者さんは優先順位が下がってしまうのも事実。

そこは繁忙期と閑散期がはっきりしている和歌山のこの業界の難しいところですね。

できるだけ体を空けていきたいと考えているのですが中々思うようにいきません。(;´∀`)

 

先日自身のYouTubeチャンネルで少し違ったエッセンスの動画を投稿いたしました。

動画はコチラ。

現場の昼休憩にこうちゃんと二人で撮影したものです。現場にギターを持ち込み唄う。

こんなアホなことしてるやついませんよね。(笑)

自分は高校からギターを始めて、ずっと音楽活動をしていました。

楽曲も制作していました。最近は事務所でお店の閉店後気晴らしに思いっきり歌ったりしています。

 

この動画は少し切り札的な感覚があったのですが、自分的には面白いと思った動画も再生数は伸びないし、反応が薄い。

YouTube難しいですね・・・。しかし難しいからこそやりがいがあります。

ロールプレイングゲームみたいなもんです。レベル上げていかなきゃですね。

コンサルの中畑氏にもYouTubeは早急にテコ入れが必要と言われました。

今週金曜日夕方に企画会議です。

現場もこなしながら吐きそうになる日もありますが、がんばります。(*^-^*)

でも緩やかですがは登録者数はのびつつあります。これはものすごーくすごく励みになります。

先日訪問したお客様もYouTube見ましたよと言ってくださってたし、現場であった人にもユーチューバーの子って言われたし。

一気に結果が出なくともコツコツやっていきます。

 

クロスエスは和歌山県和歌山市新通にお店を構える、壁紙張替専門店です。

皆様のお問合せお待ちいたしております。(*^-^*)

CONTACT

壁紙張り替え・クロス張り替えについてのご相談は、
お電話またはこちらのお問い合わせフォームより
気軽にご相談ください。